本格的施術と注意点

専用のサロンでは自分ではできない、高いテクニックを味わう事ができます。サロンは他にも会話が楽しめる事も重要な要素の一つです。気軽な話をしながらネイルを楽しむ時間は最高ですね

ヘアケアを受けている女性達

いろんな商品

ネイルの良さはなんといっても美しもできるし、かわいくもできる所。その人の個性をさりげなく表現できる最高のツールです。最近は様々な商品が多く出てきているので、一度探してみてください。

明るいネイルと服

ファッションは服だけに限らずアクセサリーやネイルでも楽しむことができます。プリベートとわけてナチュラルなネイルアートを施すことで仕事中でもオシャレを楽しむことができます。

身だしなみの一つ

髪の毛は気持ちを盛り上げる

私はヘアメイクを人にしてあげるのが大好きです。 ヘアメイクと聞くと、何かのお祝い行事に参加する時の様なものを思い浮かべる人も多いかと思いますが、何の変哲も無い毎日でも、少し髪に気を使う事で気分はハッピーになるんです。 冒頭で人にヘアメイクするのが好きと書いたのですが、誰かにしてあげるのだけではなく、自分にするのも好きです。 やはり女性ならば周りから綺麗だとか、可愛いと言う風に見られたいものだと思います。 その為にはヘアメイクは必須だと私は思っています。 どんなに可愛くオシャレなお洋服を着ていたって、髪がボサボサ、ノーメイクだったらちょっと損してると思うんです。 学生さんはノーメイクの方が良いですが、20歳を超えるとやはりメイクは大事です。

身だしなみの一環である

ですから、20歳を超えるとヘアメイクと言うものも身だしなみの一環として扱われるのでは無いでしょうか。 接客業の方はもちろん社会人としてのマナーでもあると思います。 なので私は休日のお出かけの時だけで無く、毎日の出勤の時にもヘアメイクはしっかりする様にしています。 ただ、その場所に相応しいスタイルも勿論あるので目的に合ったヘアメイクをする様にしましょう。 例えば出勤の時は髪の毛にはアイロンを当てて軽くワックスを馴染ませてあげるだけでも艶が出て綺麗になります。 メイクは濃いのは良く無いのでシャドーもシンプルなベージュ系を使っています。 今度は休日、髪の毛はクルクルコテで巻いて、メイクはちょっとカラーを入れたしっかりめにしてみたりと使い分けています。 使い分けの研究をしてみるのも楽しいですよ。また、もし自分でヘアメイクするのが難しいと感じたら、サロンなどに行って、東京の専門家にお願いするという方法もあります。自分で行うよりも綺麗な仕上がりになるだけでなく、自分で行うことの出来るヘアケアなどを教えてもらうことも出来るため、自分で自分の髪を触る行うという人でも、一度行ってみるといいでしょう。